トップ

介護福祉士になるために

介護関連の資格何をとるといいのか

介護福祉士の資格を取るといい理由

ケアを必要とする高齢者の増加を受けて、介護の仕事の必要性はますます高まっています。

「介護の仕事に、何の資格も持っていない人が応募しても大丈夫なの?」
そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。
介護の仕事は、資格を持っていなくても、応募することは可能です。
採用されてから、介護の資格取得をめざして勉強する人も、たくさんいます。

ただ、やはり有資格のほうが採用時に有利になったり、待遇面で優遇されたり、しっかりとした知識があるがゆえに良い仕事ができるというような、メリットはあります。

介護福祉士の資格者の求人ならこちら。

介護に関係する資格は、たくさんあります。
例えば、介護職員初任者研修(以前のホームヘルパー2級、平成25年4月より名称変更)は、これから介護の仕事に携わろうとする人や、介護の知識に興味のある人に広く知られています。

たくさんの介護関連資格のなかで、これから資格取得をめざす人にお勧めしたいのは、「介護福祉士」です。
「介護福祉士」は、介護に関する資格のなかで、唯一の国家資格です。
国家資格であるということは、他の資格よりも受験や合格へのハードルが高いことを意味します。

ただし、介護福祉士の合格率は50%~60%ほどですから、他の分野の国家資格と比較すれば、取得しやすい国家資格だと言えます。

介護福祉士の資格を持っていると、資格手当てとして、毎月の給与に1万円以上の上乗せがあるというケースも珍しくありません。
施設側も、介護福祉士の資格を持つスタッフが多くいると加算が受けられるというメリットがあるので、正職員として採用したり、給与面で優遇するなどして、介護福祉士の資格取得を奨励しているのです。

また、介護福祉士の資格は、介護職のスキルアップをめざす人にとって、待遇面以外でも大きなメリットがあります。
例えば、将来、ケアマネージャーの資格を取得する際には、介護部門の試験の免除が受けられます。